LOG IN

おばあ発熱で心配の巻

by Meggy

おばあが熱を出しました

3日前に。お薬飲んでもらったら、昨日の朝ちょっと下がっていた。よかったよかったと思ったら昨夜再度発熱。きょうは様子見ながら場合によっては病院に連れて行くぞ(母親が)ということで、家から仕事させてもらいました。結果、昼過ぎになっても熱は下がらず、病院に連れて行ったので、家からのリモートワークにさせていただいてほんと良かったと思いました。

98歳は風邪が致命傷になる

我々20代と違って、98歳にもなると発熱が文字通り命取りになっちゃうらしい。だから、これまでもずっとママがかなり気をつけてケアしてきたのだけど、ついに発熱してしまった🤒 とにかく心配。ただ唯一救いなのは、本人👵🏻には食欲があり、いつも通り元気そうに見えること。

あしたには、熱、下がってるといいな。

何歳になっても覚悟はできない

98歳(数え年でいうとこのお正月で100歳になりました)。いつ「その日」が来ても、もう「よく頑張ったねー、長生きしてくれたよねぇー、いい人生だっただろうねー」って言える気がしていたのだけど、いざ発熱とかされるとほんと怖い。「どうにか乗り越えて…早くよくなって…」ってそわそわしちゃう。ママもきっとそうなんじゃないかと思う。

それが大事なひとであれば、仮に何歳まで生きたとしても、「もう十分」ってなることなんかないんだなぁと実感する。どこまで行っても私たちはとても欲深いのだねぇ。だいすきなひとたちには、私が死ぬその日まで絶対に死なないでほしい。「いなくなる」って経験、ほんとうに怖いんだよなぁ。


Meggy
OTHER SNAPS