LOG IN

言わなくていいことは言わなくていい

by Meggy

じぶんの意志は だいじにすべき、よね?

幸いなことに いまの私、嘘つかなきゃいけない場面はほぼない。職種とか環境によっては、「あ、いま私 嘘言ってるな」と気付きながら嘘つく必要があることってあるやん?

たとえば嘘をつくことで相手の背中を押せて良い結果に結びつくこともあるし、必ずしも嘘=悪いものではない。だけど、「あ、いま私 嘘言ってるな」というのは、その嘘の大小にかかわらず あんまり気持ち良いものではないよね。

幸運なことに、誰かに嘘をつかなきゃいけないシーンは いま ほぼなくて、誰に対しても誠実でいられる。会いたい誰かに会い、距離を置きたい誰かとは無理して接触しなくてもいい。誰かのために、黒を白と言い張る必要もないし、何かのために、望まないキャラクターを演じなくてもいい。

というわけでいま、私は、じぶんの信念や意志をだいじにさせてもらえているとおもう。

でも、思いやりは必要、よね?

だけどね。人間関係においては、いつでもじぶんの信念や正義を優先して良いわけじゃない、と私は思う。

たとえばじぶんの信念を守りたいあまり、ものすごく強い言葉を選んで主張したり、また別の信念をギッタギタに批判したりすると、じぶんは優先できても誰かをものすごく傷つけてしまうことがある。当事者だけじゃなく、それを見たり聞いたりした無関係の第三者まで巻き込んで嫌な思いをさせたりね。これはもはや、信念という言葉を借りただけの暴力だよね。これはやっぱりよくない。

ありのままを理解してもらおうと思わない

話がだいぶん逸れたわ。私きょう書きたいのはこういうトピックじゃなくて、「嘘はつかないけど、本当のことは言わない、ってだいじだよね」って話やった。ずれちゃったわ。

ブログとかTwitterもそうだし、直接話すときもそうだけど、じぶんの意志や信念を守る武器として「主張」以外にもあるよね、と。理解してくれなさそうなひとや、理解してもらいたいなと思わないひとに、いちいちぜんぶ話す必要はないっちゃないかな、と私は思うよ。

確かに、ひとは、「あのひとってああいうひとだよね」ってラベルを貼りがちやけど、「ぜんぶ知ってるわけじゃないくせに」って思いながらほっておけばいいと思うんだ。ほんとうに理解してほしいひとにだけ理解してもらえばいいと思うんだ。

言わなくていいことは言わなくていい。嘘つかなくてもいいけど、ほんとうのことを必ずしも言わなくてもいい。

なんか意味深なブログになっちゃってすみません…🙄



Meggy
OTHER SNAPS