LOG IN

「営業職」は悪か

by Meggy

新卒から丸5年間、人材営業に従事していた。現在は、セールス0人(代理店もなし)の(株)ヌーラボに入社して、マーケティングチームに所属している。業種も職種も働き方も変わった今、「営業職」について思うことを従業員目線で書いてみようと思う。

まず、タイトルを「悪か」と書いたのは、「営業職」に「強引だ」「効果がないものを高額で売り込まれる」のような悪いイメージが多少あると私自身が感じているから。ちなみに「わるか」じゃないよ、「あくか」ね。

結論

結論から言うと、あり方は時代とともに変われど、「営業職」は事業伸長に必要だと私は思っている。それに、従業員側の目線で言っても、「営業職」ってとてもロマンがある仕事だ

今日は、冒頭にも書いたように、事業目線ではなくて「従業員側の目線」での「営業職」について、意見を書こうと思う。

どんなに良いモノも、知ってもらわなきゃ意味がない

サービスやプロダクトや情報や、…あらゆる商品をまとめて「モノ」とすると、どんなに良いモノもお客様になり得る人が知ってくれなきゃ意味がない。売れない、とかって側面だけじゃなくて、意味がない。なぜなら、知ってもらえないということはイコール、価値を実感してほしい人が実感してくれないということだもんね。

「営業職」は、広告出稿よりもコンテンツ発信よりも、最もダイレクトに「ユーザー」と接することができる場合が多い。まだ購入してもらう前であっても、直接話ができるということ自体にとても大きな価値がある。

第一印象はどうか?その人は笑っているか?なにができるかが分かりやすいか?対価を支払って購入したいと思うか?思わないなら、その理由はなにか?なにが変われば購入したいと思えるか?

そういういろーーんなヒントを、直接収集することができる機会が最も多いのが「営業職」だと思うの。まぁそんなつまらない話はいいとして、ここからが本題です。

この出会いが誰かの人生を変えるかもしれない

私が営業やってたころ、モチベーションを感じていたのは「成績」ともうひとつ、「今日の私のイチ訪問が、誰かの人生を変えるかもしれない」という妄想。笑 そしてこれは、私の中では今でも、揺るぎない事実でもある。

たとえば、私がお皿を売るセールスマンだったとするよね。(お皿のセールスマン、って役割の人がいるかどうかは知らない。笑)あるとき、ひとりの女性にお皿を売ったとする。
その女性は、昨日までは知らなかったかわいいお皿を買った。そしたら、そのお皿に似合うお料理を作りたくなるかもしれない。作ったお料理を一緒に食べたい誰かを思い浮かべるかもしれない。その人をおうちに招いて一緒に食事をして、そのうち深い関係になるかもしれない。結婚して子供を授かるかもしれない。子供がすくすく育って、結婚して、女性には孫ができた。孫が遊びにきて三世代で食事をしたある日、しみじみとその女性は言うのだ。「このお皿がすべての始まりなんだよね」と。

要は、ただその「モノ」を売っているのではなくって、それを通じて起こるなんらかの「価値」を売っているのだということが言いたいのです。

人生は、人や物や、情報との出会いと選択の連続で形成されているので、出会いを直接創出することができる「営業職」は、大げさじゃなく「誰かの人生に何かのドラマを作ることができる仕事」に思えるんだよなぁ。今日も、どこかの誰かが、私を待ってるのだと。私が持ってくる出会いを待っている誰かがいるのだ、と。なんてロマンチスト!٩( ᐛ )و

お皿じゃなくてもなんでもそう。私がやってた就職・転職の斡旋とかなんかもっと分かりやすく人生を変えるもんね。そう思うと、やりがい(もちろんプレッシャーもね)がすごく大きい仕事だと想像がつくと思う。

だから私は「営業職」が好きだ。実際、5年間のなかで、なんども「五十川さんのおかげでこんな風な出会いがあったよ」とのお言葉を頂けた。忘れがたい転職を実現できた企業様もいくつも思い浮かべられる。いつまでもいつまでも、私の心にしまっておく宝物なの。

でも、営業手法はちょっと考えたほうがいい

今日は「従業員側の目線」なので言いたいことを言うのだけど笑、企業によっては営業手法が遅れてる場合がある。一昔前は、今みたいに情報を容易に得られるすべが無かったので、PUSH型(それこそテレアポとか訪問とか売りたい側が積極的にコンタクトを取ろうとするアレ)の営業が求められていた。だけどもう今は、誰でもいつでも検索できる時代。求めていない情報は邪魔だと捉えられる場合が多い。

だから、最近は企業においても営業とWebマーケティングが以前よりも密接なものとして考えられることが多い傾向にあるし、「営業職」の意味する職務内容もかなり変わってきてる。

誤解のないように言っておくと、PUSH型の営業は不要なわけではないし、意味がないわけでもない。たとえば、企業の決裁者が捉えている現場の課題が全然本質的じゃなかったりすることがあるので、コンサル的に営業した結果、思わぬモノの導入がクリティカルヒットを起こす場合などもある。ただ、偶然にその奇跡を起こそうと無鉄砲にアプローチするのは、費用対効果が悪すぎる。(ここでいう費用対効果っていうのは、従業員が無駄コールや無駄アポに費やす時間はもちろん、削られていく精神やそれによる離職なども含む)

ということで、再現性のあるストーリーを元にしたPUSH営業の強さと、そもそもそこへのリーチを可能にするためのWebマーケティングの強さ、その両方が最強だと思う。従業員のメンタルとかモチベーション的にも…w

まぁとにかく、人生の中で「営業職」経験してみるのはオススメ

企業によって営業のやり方も数字の追い方もぜんぜん違うけど、モノを使ってくださる可能性がある人と直接やりとりができる「営業職」はいろんな意味でやっぱりオススメ。話があっちこっち言ったけど、私はそんな風に思っていまふ。


Meggy
OTHER SNAPS